読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mamakao’s blog

母として、妻として、女として

ナラタージュ

島本理生さんという作家さんが好きだ。


彼女の書く物語はいつも切なく、でもそれは愛があるこそで、常にあたたかく。


図書館で彼女の小説を色々借りて読んだ。でもどうしても読みたかった本が図書館にはなかった。



そんなある日、その読みたかった本が映画化されることを知った。

主演は私の大好きな有村架純ちゃん!

これはやはり原作を読まねば、と急いで本屋へ直行。


子どもが寝て、仕事が終わると読書に没頭した。





「ナラタージュ」

女子大学生の工藤泉と、高校時代の教師であった葉山先生の物語。

演劇部だった泉は葉山先生に呼ばれ、現在の高校3年生の部員たちのために、最後の公演に出てくれと頼まれる。

そしてそれを機に葉山先生、高校時代の仲間たち、新しい出会いと物語が始まっていく。



という話。



とにかく切ない。

運命と呼ぶべき2人が結ばれるのが、なぜこんなに切ないのだろうか。



誰にでも忘れられない恋があると思うけど、きっとこの2人の恋は「恋」と呼べるほど軽くない。


相手が幸せならそれでいいと、心から思っている2人の間にあるのは「愛」そのものではないだろうか。



最後の最後まで胃のあたりがグッと締め付けられるような、本当に切ないのに素晴らしい話だった。


映画化されてどうなるのかものすごく気になるから、公開されたらすぐに観に行こう。



まだしばらく余韻に浸っていられるな…