読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mamakao’s blog

母として、妻として、女として

初めて救急車に乗った日

12/22(火)

朝5時頃、なんとなーく気持ち悪い?と思って目が覚めた。

「おなかすきすぎたかな…」

そう思っていたら急に胃が痛く…


しばらくベッドの中で様子見。

胃も痛いけど背中も痛い…!


しかもちょっとトイレも行きたい。

そしてトイレで用を足し終わったとき、再び胃と背中に痛みが。

しかもかなりの激痛。

「う、動けない…!」


念のためスマホをトイレに持ってきていたので、トイレから夫に電話。

トイレに夫を呼び痛みで動けないことを伝える。


「え〜…どうすんのー…」

眠さとめんどくさそうな夫。

どうすんのじゃないわ。どうにかしたくて呼んだんだわ。


結局痛みで動くことができないので、

「救急車、呼ぶ?」

とまさかの展開に。


とはいえすぐ救急車が来ても困るので、息子の朝食や着替えなど準備を済ませていざ119。

私はマトモに喋れないので夫が呼んでくれました。


人生初の救急搬送。

救急隊の人に「昨晩何食べましたー?」とか聞かれ「炒飯と長芋…」と答える。

それを搬送先の病院まで伝えられる始末。

もっと良いもの食べとけばいよかった、と胃痛の中考える…



そして病院に到着。

f:id:mamakao:20151229231312j:plain

血液検査の結果、白血球の数値が異常に高く炎症反応が起きてるとのこと。

抗生剤を点滴してこの日は帰宅。


あーなんだったの、本当あの痛みは?


そういえば最近胃の調子がイマイチだったから、胃の病気??


ネットで色々調べていると不安になってくる。

胃カメラでも、やるかぁ…。


(続)

腹八分目

2人目妊娠中から、逆流性食道炎らしき症状がたまにある。


胸焼けや喉の痛み、ネットで調べる限り、逆流性食道炎という症状がピッタリ。


体型のわりに食欲旺盛で

揚げ物や高カロリーなもの大好き。

食べるの大好きなので食べ過ぎることも多々あり。


最近では少し脂っぽいかな、と思うものを食べた後に逆流性食道炎らしき症状が…!


昨日の夜もそんな状況だったのに、

学習能力がないのか今日も朝から食べ過ぎてしまった…



あー今夜は昨夜に比べてもっとつらい。

腹八分目でやめようと、こうなるときにいつも誓うのに。


明日から

明日から絶対腹八分目を守ろう。


がんばれ自分。

このつらさを忘れるな、自分。

歯石除去

半年に一回行っている歯石除去。


生まれてから一度も虫歯らしい虫歯にはなったことがなく、歯は丈夫だと自負してきました。


しかし歯と歯ぐきは別物。

わたしはどうやら歯ぐきが弱い。

これって歯周病

歯周ポケットだいぶ深いのあるけど

これって歯周病??



とりあえず2015年のうちに歯石除去行ってきました。


地味に痛いけど

汚い血も結構出たけど

普段見えなかった歯の隙間まで見えてなんだかスッキリ!


前回の歯石除去より値段が高かったのはなぜでしょうか…



夫に

「そんなお金出して痛い思いなんでしたいの?」

と聞かれましたが

虫歯の治療もしてないあなたに言われたくないわ!


歯は一生モノですよ。

大事にしましょうよ。

MyLittleLover

今日は二子玉川へ。

観覧無料のライブに、My Little Loverがゲストで出るというのを知り行ってきた。

f:id:mamakao:20151212234959j:plain


開始1時間前から場所を確保しながら、ただ待つ。

8キロの娘をエルゴで抱っこしながら。



今年デビュー20周年を迎えるというマイラバ

当時わたしはまだ小学生だったが、彼らの曲は今でもよく覚えている。

独特な声は相変わらずで、予想以上に美しいAKKOさん。

懐かしの曲たちに心は踊り、短いながらも素晴らしい時間を過ごすことができた。



20年経ってもたくさんの人に愛されているMy Little Lover

今日も観覧エリアは大混雑だったよう。

長年愛されている理由が今日、分かった気がする。


あんな風に年を重ねていけたら、

いや、

いきたいなぁ。


こどもが寝た後で

昔、わたしが幼かった頃に

「こどもが寝た後で」っていうようなタイトルのドラマがあった気がする。


微かな記憶の中でそのドラマには柴田恭兵さんが出ていた気が。


そんな私が親になり

二児の母になり

子供たちを寝かしつけたあとが唯一のリラックスタイム。


夫が帰ってくる前の、貴重なひとり時間。


今夜は月9のドラマを見ながら

石原さとみになりきり涙する。



日常の当たり前の出来事を

小さな幸せを

小さな怒りを

忘れないように

ここに留めていこうと思う。



そんな余裕のある毎日を送りたいと、

心から願う。