mamakao’s blog

母として、妻として、女として

フリーライターに訪れるありがちな危機

フリーランスのwebライターとして活動しはじめて早5年。

元々ブログを書くのが好きで、文章を書くこと、それを発信することが好きではじめた仕事だった。


はじめた頃に比べれば収入も上がったし、色々なメディアを通して少しずつ経験値も上がってきた(はず)。


そう、「色々なメディアを通して」きたからこそ。



フリーランスのwebライターということは、メディアの外部ライターということになる。

つまりメディアがあるからこそ成り立つ仕事。


5年の間に何度も「この先どうしよう」という危機があった。それは


・メディアの編集長の交代

・メディアの方針転換

・メディアの消滅


これらが起こることで、貴重な収入源がなくなってしまうことが何度かあった。


いままで定期的に記事を書いて、ある程度決まった原稿料をもらってきたメディアが突然なくなると

これは私にとってライター生命存続の危機にもなる。


その度にどこからか新しいメディアを見つけるか、つなげてもらっては5年間なんとかやってきた。

メディアとメディアは繋がりが結構あるので、縁を大切にしておいてよかったと本当に思う。



そして現在、また危機に近いようなことが訪れようとしている。

こんなことがあるたびに「もうライターやめようかな」なんて考えも頭をよぎる。


ライターとしての仕事をこの先ずっとしていくのか、と言われたらわからない。

人が好きで接客が大好きな私としては、娘が幼稚園に行ったら外で働きたいとも思っている。

でもそれまでまだ1年以上。最愛の娘と家でイチャイチャするためにも、家でライターの仕事ができるのは本当にありがたい。



だから今回もどうにか乗り切ろう。

5年間頑張ってこられたんだ、きっと大丈夫!



なんて意思表明を久々のブログに投稿…。

 


アンパンマンに出てきた、生姜の「ショウガナイさん」の歌が頭から離れない。



しょうがないー

しょうがないー

しょうがあるけどしょうがないー

落ち込んだってしょうがないー

悩んだってしょうがないー

大きな声で笑っちゃおうー



なんて前向きなショウガナイさん…!

メディアがなくなるのも方針転換するのもしょうがないな、うん。

私は私で頑張るしかないんだな、うん。





やっぱり昼顔は気になる

先週末、子供たちを夫に預け、気心の知れたママ友と映画「昼顔」を観に行った。


夫には「え、それ観るの…」と言われました。そりゃそうだよね。子供預けて不倫映画なんて、妻には観て欲しくないですよね。


でもでもやっぱり主婦としては、不倫の物語の結末が気になるのです。


映画館に入るとほとんど女性。しかも主婦であろう年頃の人ばかり。

1人で来ている人もたくさんいました。


昼顔の内容としては、

まぁ不倫の話なので、これを「最高のハッピーエンド!」にしてしまったら不倫を肯定してしまうことになると思うのです。

あくまでも「やっぱり不倫はよくないよね」というところで終わらせなければならない。という気が。


自分は不倫願望なんてまったくありませんが、上戸彩ちゃん演じる紗和だって最初はそうだった。

いつ、誰がそんな状況になるかは誰にもわかりません。


やっぱり不倫はよくないな、と思う。

とはいえ紗和と北野先生(斎藤工さん)が本当に運命の相手だったとして、結婚した相手と出会う順番が間違っていたら、どうしようもないものなのか? 不倫せざるを得なかったのか。


本当にお互い好きだったら、まず今の相手と離婚してからでも遅くないのでは…。そうしたら「不倫」にはならないよね?



そんなことを終わった後も悶々と考えていました。

とにかく観終わったあと、隣にいたママ友と

「ふーーーっ」

っと長いため息をついた。疲れたのです。


妻である乃里子(伊藤歩さん)がエレベーターから出てくるだけでも、指にとまったホタルが飛び立つだけでも、いちいちビクッとした。

ホラーテイストまで満載の昼顔でした。



自分に不倫願望がなくたって、やっぱり人の不倫の結末は気になるもの。昼顔を観に行った多くの主婦がそうなのではと思う。


「やっぱり不倫はよくないね」

作り手がこう思わせたかったとしたら、もう大成功の作品でした。

泣きたい気分のときは

ストレスがいっぱいたまったときとか

なんだか気分が重たいとき、

録画しているあるドラマを観ることにしている。


以前フジテレビの月9で放送されていた

「いつかこの恋を思い出すときっと泣いてしまう」

というドラマ。

その最後から2話目と、最終話。


田舎から上京してきた若者たちの物語で、主演は有村架純ちゃんと高良健吾くん。


最終話で有村架純ちゃんが書いた、亡くなったお母さんへの手紙が読まれる場面がある。


「休みくれ、とか給料もっとくれ、とか思う。

でも『ありがとう』と言われると頑張れる。


お金はたまらないけど、私には足りてる。

ちょっとのいいことがあると、寝る前に思い出せる。また朝がきて、優しい気分になれる。


私には、思い出が足りてる。」



という部分があって、そこが大好きで

こんなに小さなことで幸せを感じられる人がいるのに、私はなんて贅沢な悩みを考えているんだろうと思えるから。


静かに、ツーっと涙がこぼれるような感じで、心が洗われるのです。


何度観ても泣けて、ストレスがたまったときには涙と一緒にストレス物質が流れるのがわかります。


心の中が悶々としたとき、自分の中で「これ!」というものがあるととても助かります。

心の救世主。


今夜も有村架純ちゃんと高良健吾くんに助けられました。

どうもありがとう。

みんなが実働8時間を厳守したら

毎日朝ドラを楽しみにしている。

今日、主人公みね子が働くレストランのオーナー鈴子が素晴らしいことを言っていた。


「仕事中は精一杯働く。でも終わったら、忘れる。」

「私は就業時間分しかお給料払ってないのよ?」

と。


日本人がみんなこれを実行したら、いまよりもう少しハッピーになるんじゃないかなぁ、と。


NO残業デーとかじゃなくて、みんな毎日残業なし!

仕事が終わったら自分のプライベートをみんな楽しむ!

でも仕事中はみんな全力で頑張る!


これができたら、

みんなもう少し仕事が楽になって

仕事に行きたくないと思うことが少なくなって

毎日の楽しみが増えて

家族の時間が増えて

人との会話が増えて

「今日徹夜なんだよねー」とか謎の自慢話を繰り広げる人がいなくなって

「仕事忙しくて」とか言い訳にする人がいなくなって

もう少しストレスレスな世の中になるんじゃないかな。


生きるために仕事をするはずなのに、仕事をするために生きている人たちも多いと感じる。


世の中の経営者すべてが鈴子さんみたいな考え方ならいいのにな。





母の日の自由時間

今日は母の日。

今年も息子から似顔絵など、手作りのプレゼントをもらいました。


幼稚園で作ってきてくれた画用紙の花束の中には「ママの好きなところ」というところが。

「笑っている顔がかわいい」と書いてありました。

よし、明日からも笑顔でがんばろう。



今夜は夕方から自由時間をもらい、ずっと観たかった「美女と野獣」の映画を1人で観に行きました。


夜に映画館で映画を観るなんて久しぶりすぎて、それだけで少し緊張。しかも1人だしね。

映画館は夜でもたくさんの人で溢れていました。

普段家で子どもたちを寝かしつけている時間も、外では賑わっているんだなぁと。当たり前だけど。

夜の外の世界は、とても刺激的。




さて映画は、評判通りとてもとても素敵でした。


アニメよりもガストンは数倍憎らしく

チップはかわいく

愛は切なく

そして美しく。



野獣の歌もとても素敵で思わず涙が。

結末がわかってるのに泣けるってすごい。

エマ・ワトソンのダンスシーンを見るだけで、最後は涙が出るほど美しかったです。



アニメなど原作が素敵だと実写に対する批判が多くなるけど、

まるで新しい物語を見るように感動することもあるんだな、と再発見。



まだ観ていない人にはとてもオススメです。



ああ今夜はいろんな刺激を浴びてとても疲れました。

子どもたちの寝顔で癒されて、シャワーを浴びて寝よう。





ナラタージュ

島本理生さんという作家さんが好きだ。


彼女の書く物語はいつも切なく、でもそれは愛があるこそで、常にあたたかく。


図書館で彼女の小説を色々借りて読んだ。でもどうしても読みたかった本が図書館にはなかった。



そんなある日、その読みたかった本が映画化されることを知った。

主演は私の大好きな有村架純ちゃん!

これはやはり原作を読まねば、と急いで本屋へ直行。


子どもが寝て、仕事が終わると読書に没頭した。





「ナラタージュ」

女子大学生の工藤泉と、高校時代の教師であった葉山先生の物語。

演劇部だった泉は葉山先生に呼ばれ、現在の高校3年生の部員たちのために、最後の公演に出てくれと頼まれる。

そしてそれを機に葉山先生、高校時代の仲間たち、新しい出会いと物語が始まっていく。



という話。



とにかく切ない。

運命と呼ぶべき2人が結ばれるのが、なぜこんなに切ないのだろうか。



誰にでも忘れられない恋があると思うけど、きっとこの2人の恋は「恋」と呼べるほど軽くない。


相手が幸せならそれでいいと、心から思っている2人の間にあるのは「愛」そのものではないだろうか。



最後の最後まで胃のあたりがグッと締め付けられるような、本当に切ないのに素晴らしい話だった。


映画化されてどうなるのかものすごく気になるから、公開されたらすぐに観に行こう。



まだしばらく余韻に浸っていられるな…

コップの水

たとえば人間ひとりひとり、コップを持っていたとして

その中の水が満タンになったとき

ストレスとか、不満とか、怒りとか悲しみとか、溢れでてしまうとしたら


今日の私のコップは満タンだったと思う。



朝から夫のささいな一言が最後の一滴となり大爆発。大洪水。

たいしたことない一言だったけど、私にとっては大きめの一滴だった。


余裕がないって恐ろしい。



気持ちのモヤモヤを晴らしたくて

コップの水を少しでも少なくしたくて

家中を掃除した。


ちょっとスッキリしたけど、掃除の後、寝かしつけてもなかなか寝ない娘にイライラしてしまい

つい怒ってしまった。


余裕があるときは

「寝たくないよね、そうだよね」

ポンポンと背中をかるく叩きつつ、歌でも歌っていればそのまま寝てくれるのに。


イライラしてると見事にそれが伝わるらしくまったく寝ない。

そしてさらにイライラする悪循環。


すると息子に

「◯◯ちゃんのことそんなに怒らないでよ。まぁ仕事もしてるママは偉いと思うけど。」

と言われる始末。

その言い回し。どこで覚えたの?

最後にちょっと褒め言葉残すあたり、最高じゃん。



幼稚園児の息子にこんなこと言われるなんて。

本当に余裕がないって恐ろしい。



どうすればその水は減るのか

答えは出ないけど、とりあえずかわいい子供たちの寝顔を見ながら寝よう。

夢の中で子供たちが

コップをひっくり返してくれるかも。